FC2ブログ

 知らない人と遊ぶと言う事 

かつて、ROでのとある臨時PT加入時における
「アサシン弱いから来なくて良いよ」的発言を受けたからではありませんが、
私は不特定少数(多数なら紛れるから大丈夫です)の人と、
一つの目標を目指す為に何かを行うというのは、非常に苦手です。
ある程度事前に会話を交わして、『この人はこういった人なんだ』
と、自分の中で理解が出来ないと、まず無理です。
(理解さえしてしまえば、全然問題ないのですが)

仮想現実という、フィルターを通しているが故、
我が身には最悪な事は降りかからないとタカをくくっている部分があるので、
まだ、こういった付き合いも可能ではあるんですが…

現実に見ず知らずの人と何かしようと言う事になれば、
これは現実にはまずあり得ない事なので、
結局現実の事を想像して、仮想現実の中でも身構えてしまう。
端から見れば、あまりに馬鹿らしい事かもしれませんが、
私にとっては真剣な問題です。




▼続きを読む▼

 この記事へのコメント 

始めまして(*- -)(*_ _)ペコリ
パンヤを始めたばかりなのですね~^^
チャットルームは結構パンヤの雰囲気に慣れてからがいいかもしれませんw
今チャンネルでは
ルーキー専用
ビギナー以下
ジュニア以上
誰でもOK1・2
と分けられているので、始めはルーキー専用のチャンネルからがいいかもしれませんw
恐らくカモられることもないでしょうしねw
パンヤは結構和んだ雰囲気があるので、癒しを求めるのもいいかもしれませんw(実は私も他ゲームでマナーとかがひどくてパンヤで癒されてます)

パンヤには色々な必殺ショットや特殊ショット等があって、それが出来るようになれば楽しさ倍増間違いなしですw
良ければ今度遊びましょうw
そして、コメントありがとさまですm(__)m
チャットルームはプレイヤーからどんな事が出来るか、
聴いてみたかったんです。何分右も左もわからなかったものだから。
(練習は18ホールやってみましたけどねて…+22という惨憺たる結果orz)
で、今回書いた入っただけのチャット、プレイした場所は、勿論ルーキー専用のところでした。
やっぱり、何でも始めて尽くしというのは新鮮ながら、
知らない人だらけの所にぽつねんと立ってる気がして寂しいやら、
でも廻りが独自のコミュニティ作ってそうで弾かれそうだわで、
手探りでのプレイ開始でした。
必殺ショットの存在もとりあえず判ったので…やっぱり練習で試してみたいと思います。
…ショット中に↑↓とか、忙しそうですけどね(>、<;

実際フィールドの綺麗さや、初めての勝負の相手が礼儀正しい方だったおかげか、
なんというか、スポーツマンシップに則ったプレイが出来そうで、
確かに余所のネトゲからすると、人間的に癒されそうな感じがしますねぇ~。

そしてなんだかんだ言ってプレイ中に自分の好きな時に終われないのが、
急ぎの用が出来た時なんかに大変そうですけども…
(プレイ中に回戦突然切れたらやっぱり経験値マイナスのペナルティとかあるのかしらん…??)

私もしょっちゅうパンヤに居る、というわけでは有りませんが、
機会がありましたら是非♪
それではっ! |壁|>w<)ノシ
今度一緒にパニャやりませんか~?^^
コースの簡単な攻め方とか必殺ショットのコマンドとかも分かりやすく説明出来ると思うのでーw

良かったら今度一緒に遊びましょ♪
そうですねー。
一応参考になるかもと
http://pangya.premiumheart.jp/
こちらのサイト見ながら、たまぁに練習しております。

いつになるかわからないけども、フェルナティってのが居たら、
それが私なので声かけてくださいなー。
ではでは、その時はよろしくですよー♪
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

RO:フェン  リアル:にゃんまろ

Author:RO:フェン  リアル:にゃんまろ
日本の何処かに生息している。
ROとゲームとその他何かを
こよなく愛する男。
性格はいたってまったり。
その実寂しがりなので、
声かけられると何故か
クルクル回ります(爆

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
nyanmaro3※
yahoo.co.jp

※を@に変えて、つなげて下さい。
怪しい・不明な方からのメールは
即破棄いたしますのでご了承下さい。

-天気予報コム- -FC2-
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。